40代の気になる歯の着色とくすみの原因黄ばみ・茶渋の落とし方とセルフケア

40代女性の悩み
endlesswatts / Pixabay

 

年齢と共に気になってくるのが歯のくすみや黄ばみ。口周りってとても目立つ部分なので、あなたも気が付かないうちに、目の前で話している相手の口元につい目がいってしまい、特に歯のくすみや黄ばみが気になりませんか?

日本人はあまり歯についてしっかりとケアをしていないのではないでしょうか。そして歯周病が多いのも日本人の特徴です。食後に歯磨きする人は多くなりましたが、デンタルフロスの習慣がない、デンタルリンスもあまり普及していないようですし、それだけではとり切れない歯石や歯垢は防ぎようがありません。

 

あなたは最近歯医者へ行ったのはいつ頃ですか?歯医者というと虫歯を削るあのキーーーーーン!という機械音や独特のニオイが嫌いだという人も多いでしょう。歯が痛い、血が出る、詰め物が取れたなどしないとあまり行きたくないのが歯医者でしょう。

それでは、そんな気になる歯の茶渋や黄ばみの着色は自分で落としたり、セルフケアはどこまでできるのでしょうか?自分の歯を綺麗に、そして見た目の印象をよくする方法はあるのでしょうか?あなたの歯を白く輝かせるセルフケアを一緒に見ていきましょう。

 

歯の着色と黄ばみ・くすみと・茶渋の原因

klimkin / Pixabay

 

自分が笑った時に見える歯がくすんでいる、黄ばんでいる、茶渋がついているのを発見してしまうと何だかとてつもなく嫌な気分になってしまう。ホワイトニングをするまでではないけれど、やはり歯というのはとても目立つ部分で、汚い歯は年齢を感じさせ周りへの印象も良くありません。それに口臭が加わるともう最悪です。

それでは、その原因とは何なのでしょうか。

内的要因

加齢による歯の黄ばみは、歯の表面のエナメル質の厚みが薄くなってしまうことです。それ以外にも生まれつき歯が黄色い人もいて、これは遺伝が原因なので防ぎようがありません。そして虫歯の治療で神経を抜いてしまうと、そこの部分が茶色に変色してしまいくすんで見える原因になります。

外的要因:食べもの、嗜好品

歯の黄ばみやくすみの原因はステインが歯についているためです。そして、黄ばみやくすみ、茶渋の原因となる食べものがあります。

  • 紅茶、ウーロン茶、緑茶 → タンニン
  • コーヒー → クロロゲン酸
  • 赤ワイン → タンニンとアルコール
  • チョコレート → カカオマスポリフェノール
  • カレー → ターメリック
  • タバコ → ヤニ

原因物質を食べたあとは、すぐに歯磨きをする、デンタルリンスをする、ガムをかむなどをして、歯にステインがつかないようにしましょう。

歯の着色の落とし方とセルフケア

Vanessafrazao / Pixabay

 

それでは、ついてしまったステインはどうやって落としたらいいのでしょうか?日本でもだいぶ浸透してきたホワイトニングですが、やはり保険適用ではないので歯医者で施術するとお金がかかりますし、定期的に通う必要があります。

それでは自宅でできるセルフケアはどんな方法があるのでしょうか?

歯磨き粉

1日3回、少なくても2回歯磨きをしている人が多いので、取り入れるのが一番簡単で早い方法です。商品を選ぶときは以下の成分が入っているものを探しましょう。

  • ポリリン酸ナトリウム
  • ハイドロキシアパタイト
  • フッ素

そして大事なのが、研磨剤や発泡剤をできる限り抑えた商品を選ぶこと

  • 研磨剤が多いと歯の表面を傷つけてしまう
  • 発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウム)が少ないもの。発泡剤は泡立ちがいいのでしっかり歯を磨けているかわからなくなり、磨き残しが多くなる。

 

自宅でできるセルフケアで、すぐにできるのは歯ブラシと歯磨き粉を変えること。自分の手だけで磨いているとどうしても磨き癖が出て、磨き残しができてしまいそこからステインが残ったり、虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。

LEDを使った歯ブラシでホワイトニングまでできる歯ブラシと歯磨きジェルを使ったケアしてみませんか?ホワイトニング歯磨き「ZEROクリスタル」

初回はなんと1980円でのご提供です。

ホワイトニング商品

色んな商品が販売されていますので、自分にあう商品を選んでみてください。

  • シール
  • 消しゴム、ピーリングスポンジ
  • マニキュア
  • LED
  • ジェル

シールや消しゴムは手軽にできるので、試しに使ってみて効果が見えるなら継続して使ってみるのもいいかもしれません。

セルフケアでしてはいけないこと

歯のホワイトニングにいいからと、重曹、レモンやいちご、クエン酸や酢酸、過酸化水素など直接使うことはやめておきましょう。歯のエナメル質を傷つけてしまいます。

日本人の歯のエナメル質は欧米人のエナメル質より薄いという報告もあるので、海外から輸入したものや、クエン酸や酢酸が入ったホワイトニングで、国の機関未承認な商品は使わない方がベターです。

まとめ

Claudio_Scott / Pixabay

 

やはり1番大事なことは、毎日、毎回のケア。歯みがき、デンタルケアはさぼることなく続けましょう。つい忙しかったり、忘れてしまいがちなオーラルケアですが、今しっかりとケアしておけば、数年後に差が出てきます。

定期的に歯医者へ通い、歯石取りや歯周病のチェックも忘れずに。いつまでも健康で白いキレイな歯を保ち続けるのはすべてあなた次第。

 

人前で笑うことが恥ずかしくなる前に今すぐ始めましょう。

 


ライフスタイルランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント